インベスターズトラスト5年間を振り返る

のりぞーです

のりぞーが投資を始めたのは5年前に海外オフショア投資であるいンベスターズトラストへの拠出を始めたことがきっかけです。

香港投資の契約についてはこちらのシリーズ化しています。

今回ちょうど5年が経ちましたので、その成績を振り返ってみたいと思います。

5年間の投資結果

まずは5年間の結果から。

みなさんご存知の通りこの5年はチャイナショック、コロナショックなど一時的な下落はあったものの、ダウ平均やS&P500は2倍以上になり、最高値を更新し続けています。

単純比較はできませんが、同時期に始めたiDecoは損益率+65%という成績でした。

一方インベスターズトラストはというとプラスにはなったものの、5年間で損益9%、年間利回り5.6%。なぜこんなことになってしまったのでしょうか。

時系列で振り返ってみる

さて次に時系列グラフで見てみます。

3年目から右肩上がりになっていますが、ここは支払いを年払いから月払いに変えたためです。インベスターズトラストで金額が増えていない要因は3つあると思っています。

なお、インベスターズトラストについてはIFAに運用を任せており、のりぞーは何も手を出していません。

ポイント①:半年以上投資をしていない

2017年4月〜2017年12月ずっと評価金額はが増えていません。この期間何をしていたかというとずっと現金ファンドで保持されていました。

自分の拠出金忘れられているのでは?と思ってIFAに問い合わせをしたのですが、今はリスクが高いとみて現金で保持しているとの回答でした。

しかし、この間株価は上昇し続け、S&P500は13%増。最初の取りこぼしがここにあったのだと思います。

ポイント②:1年間評価額が増えていない

ここです。この期間約1年。ここもほとんど評価額が増えませんでした。

ちょうどチャイナショックがあった時期なので、そもそも市場全体のパフォーマンスも悪かったわけなのですが、当時年間一括拠出をしていたため、株安だったときに買い増しができなかったので、増やすことができなかったのです。

これを反省して年間一括拠出→月拠出に変更しました。

ポイント③:新興国株式に固執しすぎた

5月までは順調に損益が増え続け、一時は8,000ドルを超えるまでの利益が積み上がったのですが、その後急落。市場はその後も高値を更新し続けたのに対し、どんどん利益を減らしていき、最終的に上記3,268ドルのプラスに収まりました。

その間、中国株式を中心としたポートフォリオが組まれており、新興国株式の下落もありなかなか浮上できずにいました。ただそのポートフォリオもずっと変更されることもなく4ヶ月で4,500ドル利益が消し飛んだわけです。

今後のインベスターズトラストは?

さて、5年すぎてこの成績を鑑みた時、どうするか。

前にも記事にした通り、インベスターズトラストは契約期間を拠出することを前提に商品設計されているので、途中解約や塩漬けはあまり良くないんですよね。

少なくとも10年、できれば解約手数料がかからなくなる15年は拠出を続けてから解約した方が良い。

となると運用をどうするかなのですが、このままIFAに任せていていいのか。それとも自分自身で運用した方がいいのかということになります。もう少し考えますが、自分での運用に変更しようかなと思ってます。

じゃぁどういうポートフォリオになるのかとなると結局、インデックスに近いファンド構成になると思うので、それって海外オフショアにしている意味あるの?ってのも思ってます。

うーん・・・悩むなぁ・・・。

のりぞー

 

よろしければ応援のポチお願いいたします にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

2 件のコメント

  • のりぞーさん、はじめまして。海外オフショア投資初心者です。エボリューション繋がりで辿り着きました。去年からiDeCo・一般NISAとスタートして、今年は海外積立・海外生命保険・仮想通貨に挑戦してます。エボリューションについて、当初からIFA任せにしており、ポートフォリオを見たら特定のファンド100%にぶち込まれてました。(笑)えっこれで手数料取るの?ちゃんと考えてる?とか少し疑問が出てきましたが、まだ数ヶ月なので様子を見たいと思います。ブログ楽しみにしてます。

    • >りょう様
      コメントありがとうございます。
      100%ですか。。。それも面白みがないですよね。
      私のIFAは逆に3ヶ月に1回ポートフォリオの見直しが入るので、
      もうちょっと様子見ても・・・と思うことがありますw

      また遊びに来てください!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です