【お問合せ回答】香港オフショア投資で紹介者と連絡が取れなくなったらやるべき事

のりぞーです

先日のりぞーのブログを見てくださった方より、紹介者と連絡が取れなくなったとのお問い合わせをいただきました。

個別に返信はしておりますが、こういうことは起こりうると思いますので、私なりの考えを述べさせていただこうかなと思います。今日はそんなトラブルのお話。

香港オフショア投資のステークホルダーおさらい

香港オフショア投資では日本とは異なり、契約者(我々)と商品を提供している保険会社、それから商品の運用を委託しているIFAの3者が登場します。

我々は保険会社(ここではインベスターズトラスト)と長期の投資性生命保険契約をし、資金を拠出します。拠出した資金を元にファンドを購入して資産運用していくわけなのですが、IFAと呼ばれる独立ファイナンシャルアドバイザーと別途契約を実施し、運用を委託することが一般的です。

それによって、これら保険会社やIFAはその運用に対して手数料収入を得ます。

今回ご相談のあった紹介者とは何でしょうか?紹介者はこちらのステークホルダーには含まれません。日本国内でこれら香港の保険商品の説明をしてくれたり、IFAを紹介してくれたりする仲介人と考えれば良いでしょう。

紹介者と連絡取れなくなるとどうなるの?

紹介者の多くは日本で日本人相手に保険の紹介やIFAの紹介をしてくれる人だと思います。また、実際の契約時に香港に一緒に行ってくれたり、書類手続きの仲介をやってくれたりする人もいるかもしれません。

ただし、基本的に日本で海外の保険商品を営業する行為は法律的にアウト!であるため、あくまで香港ではこんな保険があるよーというだけでお金を取る行為は出来ないと思います。ですので(ここからは想像ですが)、慈善行為でやっていることはあり得ないので、IFA側から紹介料としてキックバックを受け取ってビジネスしているものと思われます。

この紹介者との関係でいえば、契約させるまでが基本的な関わりになりますので、紹介者と連絡が取れなくても、きちんとIFAと連絡が取れていれば問題ないと言えると思います。

ただし、上記関係性にもあるように、我々契約者は拠出だけして後はほったらかしなので、「IFAなんて契約した時以来連絡取ってないし、ちゃんとした関係性は築いていない。むしろ一番話をしたのはこの紹介者だ!」という人が多いと思いますので、連絡が取れなくなると一気に不安になるのは確かです。

紹介者と連絡取れなくなった時にまずやること

先ほども言いましたが、紹介者は基本的に「契約するまで面倒見てくれる人」であり、契約後はIFAとやり取りをするのが一般的だと思います。したがって、まずはIFAと連絡を取ってみるのが良いでしょう。とは言え、IFA側の立場からすると「XX氏と連絡取れなくなったんだけど」と言われても「んなの知らねーよ」って話なので、もしかすると真剣に取り合ってくれない可能性もあります。ただ、少なくとも契約時はIFA側とコネクションがあったわけなので、まずは相談してみる価値はあるでしょう。

IFAの反応次第ではスイッチングも検討する

上記のような相談をして見て、どんな反応を返してくるかでそのIFA自体の信頼度も測る事もできます。IFAは変更可能でかつ、変更前IFAにその旨通知する必要は全くないとのことなので、これらの反応を見てどうするかを考えても良いかもしれません。

最長25年もの長期間お付き合いをしていくわけですから、これらにちゃんと答えてくれるようなIFAとお付き合いしたいものです。Webで検索すると様々トラブルシューティングを実施している会社が存在するようなので、それらの企業に駆け込んで見るのも良いかもしれません。

このようなトラブルを起こさないために

口酸っぱく言ってて、また同じ話かよという事もありますが、トラブルは起こる前に事前に対策をしておく事が重要です。

契約はできれば現地で

インベスターズトラストは日本にいながら契約ができてしまうという画期的な会社なのですが、逆にこの場合はどんな会社と契約しているかもどんなサポート体制があるかもよくわからないまま契約する事になります。これはトラブルの元なので、絶対にやめた方が良いとのりぞーは思います。

商品設計上、長期にわたって拠出し続けていくものになりますので、実際にIFAに会って納得した上で契約するべきです。

契約時にIFAのサポート体制を確認する

日本語でのサポートが受けれるのか、日本人が常駐しているのか、問い合わせたいときはどうすれば良いのか、返信までのリードタイムはどのくらいかなどサポート体制については確実に契約する前に聞いておきましょう

もちろん英語でのやり取りに問題ない方であれば日本人である必要はないと思いますが、一般人は日本語で問い合わせられるという安心感は全然違いますから。

十分なサポート体制がないと判断した場合は、折角香港まできて手ぶらで帰るのは忍びないという事もあるでしょうけど勇気を持って契約せずに帰るという事も必要だと思います。特にインベスターズトラストに限った話じゃないと思いますけど、契約より解約の方が何十倍も大変なので契約後を重要視するべきです。

なんでも良いから紹介者とIFAには定期的に連絡を取る

紹介者は運用始まったら関係ないとは言え、身近に相談できる1番の相手ですからなんでも良いんで連絡取るように心がけましょう。「どうですか?元気ですか?最近香港絶好調ですか?」でもなんでも良いと思います。

IFAとも色々質問したりして連絡取るということは非常に大事なことです。いきなりスタッフが変わっている事もあるかもしれませんし、日本語OKだったのにいつの間にか日本人スタッフがいなくなっているなんて事もあるかもしれません。

私が契約しているIFAは定期的に運用報告書が送付されてくるので、それに合わせて質問をしたりしていますし、紹介者ともたまに連絡とったりしてます。こういう関係構築が何かあった時の助けにもなると思いますので、面倒くさがらず実行しましょう。

まとめ

もし紹介者と連絡が取れなくなったりしたら、「騙された!!」と思うでしょうし、いろいろな思いが重なってさらに不安な日常を過ごす事になるかもしれません。

そういう時こそ冷静な判断と冷静な行動が必要だと思います。繰り返しになりますが、ある意味紹介者は契約するまでがメインの活動であり、契約後のお世話までする義務はありません。(もちろん色々相談乗ってくれる方もいらっしゃるでしょうし、そういう方に巡り合った方は非常にラッキーだと思います。)

ですので、自己防衛という意味も込めて、契約後は積極的にIFAと関係構築をするようにしましょう。なんでもかんでも紹介者頼みだと、いざという時に自己解決できず、ずっとトラブルを抱えたまま拠出だけは続くという事になり兼ねませんよ。

のりぞー

よろしければ応援のポチお願いいたします にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です