インベスターズトラストエボリューションの長期契約は慎重に

のりぞーです

ブログを開始してからちょくちょくインベスターズトラスト関連の質問を受けます。その中でお話をお伺いすると多くの人が25年プランで契約しているということが分かりました。今日はそんなお話。

 

インベスターズトラストエボリューションとは

インベスターズトラストは日本人が香港において海外オフショア投資ができる数少ない企業の一つです。恐らくこれから香港でのオフショア投資を実施しようとしている方であれば、実質こちら一択になると思われます。

そんなインベスターズトラスト社の商品の中でも人気があるのがエボリューションという商品

のりぞーもこのエボリューションを25年プランで契約しております。

その他にも元本確保型商品であるS&P500なんかも人気であると聞いてます。

相談されるトラブルについて

のりぞーのWebサイトはこのインベスターズトラストの運用について赤裸々に公開していることもあって、多くの方から質問をいただきます。その多くは、「早期に解約したい」というものです。その原因をお聞きすると大体が

  • 何も考えずに契約してしまってWebサイトを見ると怪しい記事が多いので解約したい
  • 日本の紹介者から言われるがままに契約してしまった
  • 自分がどこのIFAと契約しているかすらわからない
  • IFAや紹介者と連絡が取れない

などなどです。で、ほとんどの方が25年プランで契約されており、早期に解約しづらい状態になっています。

これはインベスターズトラスト社だけではなく日本の保険会社も含めてですが、満期まで契約してさらに保険料(拠出金)を支払う事を前提に商品設計されています。日本の貯蓄型の生命保険も満期前に解約すると返戻金は拠出額よりも低い金額しか帰ってきませんよね?

全く同じです。ただ、インベスターズトラストの場合、返戻金がかなり低く設定されてしまっているので、25年プランであれば途中解約する場合、少なくとも10年拠出し続けてから解約しないと見合ったリターンが返ってきません。

ただ、この辺りの手数料体系ですとか解約手数料の事などすべてパンフレットに記載されています(しかも日本語)。一部年間管理費用は記載が曖昧で先日もブログに書いたばかりで、ここはかなり不満ですが。

手数料自体はめちゃ高いなぁとは思いますが、決して騙されているわけではありません。

しかしながらよくわからないまま25年の長期契約してしまって、解約手数料が高くて解約しようにもできない状態が続く人が多いのはなぜでしょうか。

トラブルの多くは紹介者の説明にあり

紹介者が25年プランをオススメする理由は?

恐らく自力でこの商品にたどり着いて、自分で直接申し込む方というのはほぼゼロに近いと思います。多くの方は日本で知人がやっていて、紹介を受けて始めるという感じなのでしょう。

この紹介者には紹介料が支払われる仕組みになっているようです。そしてその紹介料は長期プランの方が高く設定されているとも聞きます。

契約する側も香港の聞いた事もない会社に投資をするわけなので、本当に大丈夫か?と思いながら契約に望むわけですね。そうするとこんな事を言ってくることが多いようです。

「とりあえず5年くらい拠出して後は20年間塩漬けにしておいても25年後3-4倍になってますよ」

そう言われたらどうでしょうか。

「あぁ、そういうやり方もあるんだ。25年拠出し続ける必要ないならやっても良いか・・・」と思ってしまう方もいらっしゃるのではないかと思います。ここがまず大きなトラブルの原因なんです。

こういう事をいう紹介者はまず信用してはいけません。

その契約ちょっと待って!エボリューションには様々なプランがあるよ!

そうなんです。契約時や商品説明時にちゃんと説明受ける方どのくらいいたか疑問ではありますが、インベスターズトラストエボリューションには様々なプランがあります。

特に投資期間ですが、25年だけではなく、5年、10年、15年、20年、25年プランがあり、さらにいずれも投資期間を終えた後であっても拠出はできませんが、運用は続けることができるのです。

え!?っと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

つまり25年プランで5年拠出して20年間塩漬けにするのも、5年プランで契約して5年後20年間預けっぱなしにしておくのも全く一緒です。しかも5年プランで契約した場合はいつでも解約できるので、解約手数料に悩まされる心配もありません。

長期投資はしたいけど、続くかどうかわからない。しかも海外のファンドで心配だ。という事であれば、まずは契約可能な最低期間で契約すれば良いじゃないですか。

5年じゃちょっと短いなぁと思われる方は10年・15年プランを選択する事もできますし、資金が豊富にある方であれば、最低拠出金額は高額になりますが、手数料や解約手数料が安く設定されたエボリューションプラスという商品やエボリューションセレクトという商品もあります。

オフショアだけではなく日本の制度も利用しよう!

まずもってオフショア投資だけを実施するというのはやっぱりリスクが高すぎると思います。正直少額($300以下)を毎月オフショア投資のみにに拠出し続けるのであれば、まずはiDecoやつみたてNISAで長期運用を目指す方がよっぽど良いです。

一般社会人であれば、iDecoとつみたてNISAを合わせて月々56,000円ほどの投資枠が確保され、iDecoは60歳まで、つみたてNISAは20年間非課税運用ができるのでぶっちゃけ海外オフショア投資のみを実施するよりも魅力的です。

なぜなら海外オフショア投資も非課税がウリですが、あくまで香港での話であって、資金を日本に持ってきた際には課税されます。しかも総合課税の可能性すらあります。

(分離課税か総合課税かは紹介者に確認したのですが、まだ日本の法整備が追いついていないので、税務署や税理士の見解によっても意見が分かれるとのことでした。)

それを考えると今や日本の投資信託は低コストで世界に分散投資が可能ですし、まずはこちらで運用。さらに余剰資金ができた場合に、少しでも節税効果を得る為に(スイッチングなども非課税ですので)海外オフショアを考えるということが素直な選択肢ではないでしょうか。

のりぞーの事は反面教師に!

かくいうのりぞーも最初の投資はこの香港でのオフショア投資でした。そしてやっぱりあまり正しい知識もないまま始めた事もあり、特に25年での契約は今でも失敗したなぁと思っています。

ただ、こういう私の間違った経験も含めてこのブログでお話しさせていただいています。

海外への投資が間違っているわけではありませんし、別に否定はしていません。お金目当てに情報を持っていない人に近づいて無理に契約させてしまうような輩がいるのも事実だと思います。

是非これを反面教師にして健全な投資ライフを送っていただきたいと思います。

のりぞー

よろしければ応援のポチお願いいたします にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です